賃貸サイトに問い合わせメールを書く時のコツは何でしょうか。

イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります

賃貸サイトに問い合わせる時

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産会社のお客さん優先度は、店頭に来た人>電話問い合わせ>メール問い合わせ、となるのが実情でしょう。特に急いで探している人や、春の引越しシーズンに探すひとはそこのところを理解しないと、上手に部屋探しができないでしょう。また、メールの本来の目的はよい部屋を見つけることで、インターネットは便利だが、それにこだわるのは止めましょう。問合せメールに電話番号を書いてくるお客さんは7割〜8割以上ですが、メールだけのやり取りを望み電話番号が書かないお客さんは、のんびり構えていることも多く、結局音信不通になることが多く、不動産会社は電話するしないに関わらず、電話番号がないメールには優先度が低くなってしまうのです。大半のお客さんは、メールの文面をみてその営業マンが信頼できる人かどうかを判断するので、あなたの問合せに対してどんな返事か来るかを見てみましょう。たとえば、物件に関する質問を投げかけてみましょう。「実際にお店に来ないと詳しいことは教えられない」とか、メールに書いた質問に対して全く返答せずにひたすら「とにかく来店してくれ」とか「とにかく電話をくれ」というコメントを長々と連発する場合は要注意です。実際にお店に行ってみても単に押しの強い営業マンだったりするので、全然条件に合わない物件を紹介されたりすることが多くなるかもしれません。

Copyright (C)2018 イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります.All rights reserved.