閑散期の夏は家賃交渉がしやすいのでしょうか。

イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります

夏の引越しは得するか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般的に賃貸に引っ越すお客様は1〜3月に集中し、この時期が最も忙しい繁忙期となりますが、逆に7〜8月は最も引越しが少ない時期で閑散期となります。そして毎月の家賃は需要と供給のバランスの上で決められるので、お客様が多い時期であれば需要があるので、家賃は少々高く設定しても借り手はつきやすく、逆にお客様の少ない閑散期であれば、それだけ需要が減るので高い家賃では借り手がつきにくくなります。そのように考えると、夏の閑散期はお客様が少なくなるので繁忙期と同じ家賃では借り手がつきにくく、その分家賃を下げて募集をかけるケースが多くなり、同様の理由で家賃交渉に応じてくれる場合も多くなるかもしれません。このように考えると閑散期にお部屋探しをするのがいいように思えますが、逆に、人が動かないということはそれだけ空いているお部屋も少なくなるので、繁忙期に比べると選択肢が非常に少なくなっているという見方もあります。また、新築や人気のお部屋であれば家賃を下げるまでもなくすぐに決まってしまうこともあり、そのような人気のお部屋であれば夏場とはいえ家賃交渉は難しいかもしれません。

Copyright (C)2018 イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります.All rights reserved.