ネットと地元の不動産屋は、どちらにどのようなメリットがるのでしょうか。

イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります

ネットと地元の不動産屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットが普及する前はみなさんどうやってお部屋探しをしたいたのでしょうか。沿線図を見て住みたい街をみつけ、賃貸情報誌を片手にその街の不動産屋めぐりをされていた人が多いのではないでしょうか。さて、時代は進み、現在のお部屋探しの主流はネットへと変わりました。やはりネットは情報がたくさんあり、ワンクリックで不動産屋のホームページへ飛んで瞬時に情報を検索できるようになり、便利になったものですが、果たしてネットで探すのと地場の不動産屋を巡るのとそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。ネットで探す場合は、「瞬時に大量の情報の中から、自分にとって必要な情報を、地域関係なく集めてこれる」ということに尽きますね。しかし、ネット掲載前にお部屋が決まってしまう可能性があり、それがデメリットとなってしまいます。では次に地場不動産巡りはどうでしょうか。地場不動産はやはり地域密着の為、その地域の最新のお部屋情報から、その街の雰囲気が具体的にわかるといったことで、逆にその地域外の情報はあまりないケースが多く、それがデメリットとなります。以上のように比較してみると、実際に住む場所が決まっていないケース、例えば勤務地から30分圏内であればどこの沿線でもあまりこだわらないようなケースはネットのほうが良いでしょう。ネットで探すことで、これまであまり意識していなかった地域などの情報もでてきて選択肢が広がります。逆に特定の地域、例えば絶対に中野でないとダメだというようなケースでは、地場の不動産を巡る方がいい場合もあるでしょう。

Copyright (C)2018 イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります.All rights reserved.