混雑期を避けて早めに部屋を契約するにはどうすればよいでしょうか。

イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります

早めに部屋を確保したいとき

このエントリーをはてなブックマークに追加
受験期の1〜3月を避けて早めにお部屋探しをする方は多くいますが、よくあるケースが、「早めに契約していい部屋をとっておきたいんだけど、入居は4月からなので、それまで家賃の発生を待ってほしい。」という依頼です。通常、契約後1ヶ月程度なら交渉して入居を遅くすることはあり、場合によっては2ヶ月くらい待ってくれるケースもありますが、3ヶ月以上となるとかなり厳しい交渉ですね。大家さんとしては家賃収入で暮らしている方もいて、また多くの大家さんは銀行からお金を借りてマンションやアパートを建てているので、借りているお金なので返済が当然ついてきます。そしてその返済に家賃収入を充てているケースが多いのです。家賃収入を見込んで銀行にお金を返済しているので、家賃収入が途切れることは大家さんにとっては3ヶ月や4ヶ月家賃が入ってこない状態はとても辛いことで、なんとか避けたいのです。どうしてもはy目に部屋を決めたい場合は、4月から入居開始の新築を狙うという手もあります。しかし新築についていえることは、お部屋を契約する段階ではまだ工事中なので、内見して実際のお部屋を確認することができません。このようなリスクがあることを承知してから、契約しましょう。

Copyright (C)2018 イチかバチかのオフィス移転★魅力的な貸事務所物件あります.All rights reserved.